同系色のカーテンで部屋を広く感じさせること

ワンルームアパートないしワンルームマンションのカーテンを決める際は、私は同系色をオススメします。一人暮らしの部屋ということで、個性的な柄のカーテンをつけてしまいたくもなることでしょう。しかし、それほどまでには部屋が広くないというのでしたら、カーテンの色は同系色にしておいた方が間違いはないと思いますね。

ちなみに「なにと同系色なのか?」と、聞かれたのでしたら、それは「部屋の壁紙と同系色」ということですよ。天井ではなく部屋の壁の方の色のことです。ワンルームの壁紙と同じような色のカーテンにすることで、見た目に奥行きが出ますから、部屋が広く感じられるのです。

もちろんのことですが、カーテンを壁紙の色と同系色にしたことで、実際には部屋が広くなったりはしませんので。あくまで部屋に対して「広く感じる」というものだけなのですが、しかしそれでも快適に過ごせる効果は出ますから。視覚の効果を決してあなどってはいけませんよ。