クロスのデザインはヨーロッパのインテリアを参考にしよう

壁紙であるクロスはたくさんの種類がありインテリアデザインにおいても大切なポイントになるところでもあります。しかし、実際には日本のインテリアでクロスはヨーロッパほど大胆で個性的なものが選ばれていないように感じます。

 

特に賃貸や分譲のマンションだと個性を出さないようにするために白い無難などこにでもあるクロスが貼られていることも多くほとんどクロスが印象に残ることはありません。

 

ショップでもかなりハイセンスでこだわりのあるところではお洒落なクロスが使われていることもありますがそうでないところは同じようにただ白いクロスが貼られているということが多いといえます。

 

一方でヨーロッパなどではお洒落な店などではもちろんのこと普通の店や個人宅、公共の施設でもずいぶんといいデザインのクロスが使われていることがあります。

 

壁紙の歴史が古くからあるヨーロッパはやはりクロス一つとってもこだわりがあり参考にできる例もたくさんあります。

 

クロス一つでもインテリアのクオリティもレベルアップするのでいいクロスの例の多くをヨーロッパから参考にしてみるといいでしょう。